2014年8月7日木曜日

おすすめのシュレッダー

シュレッダーは、グラフィックデザイナーの必需品です。多くの仕事は、まだ発表前の新しい情報や新製品を載せた広告で、当然ながら校正途中の出力紙でも世間に出てしまうことは絶対にあってはいけません。
不要になった校正紙を捨てるときは、そのまま捨てるのではなく、シュレッダーにかけて内容が分からない状態にしています。私が購入したシュレッダーは、コクヨの「超静音パーソナル シュレッダー スノーホワイト KPS-X80W」というものです。今回もAmazonで購入しました。
2ヵ月ほど使っていますが、とくに不満もありません。


これを買ったポイントは3つ
1. クロスカット式
2. カットしたクズを横から引き出して捨てるタイプ
3. Amazon評価が高かったから

カット方式にはストレートカットとクロスカットがあります。
ストレートカットは、麺のように細長くカットするもので、クロスカットはチップ状(購入品は4×40mm)にカットします。セキュリティ面とクズのかさばりにくさ共にクロスカット式の方が優れています。
クズの捨て方も大きく2タイプあって、カット刃部分を取り外して捨てるタイプと、カット刃部分を取り外さずに横から引き出して捨てるタイプがあります。これは横から引き出して捨てるタイプをオススメします。両方使った経験上、カット刃部分を取り外してクズを捨てるタイプはかなりめんどくさいと思います。
この2つのポイントを満たして、尚かつAmazonの評価が高くお買い得だったコクヨの「 KPS-X80W」を購入しました。
ぜひシュレッダーを買うときは参考にしてみてください(-_^)

ちなみに私はAmazonの評価レビューをかなり参考にして購入しています。でも条件があって、ある程度レビュー数が多くある場合に限ります。レビューの多さと売れてる数量は比例していると思うので、その中で評価が高いものは基本的にハズレが少ないと私が購入した経験では実証されているからです。


↓この記事がはてなブックマークに追加されます。
押していただけるとうれしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
↓ランキングに参加しています。
押していただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

5 件のコメント:

  1. 俺のシュレッダーは、クロスカットやけど本体が上部で、まるごと持ち上げてゴミを捨てるタイプ。
    買って10年くらいたつ古い商品。

    返信削除
    返信
    1. 実家がそのタイプでした。
      クズ捨てるときに結構面倒でしょ?

      削除
    2. 重いし、落としそうになるしでめちゃ危ないね。

      削除
    3. あ。でもAmazonの音楽CDの評価は信用性無いよ。
      邦楽は知らないけどね。

      削除
  2. 3D printing is a particularly suitable production technique for eyewear frames as a result of|as a result of} the measurements of an individual are easy to process in the end run|ultimately} product. Besides fast prototyping, 3D printing can also be|can be} used for fast manufacturing. Rapid manufacturing is a brand new} technique of producing where businesses use 3D printers for short run / small batch customized manufacturing. Adoption of 3D printing has reached important mass as Heated Blanket those who have yet to combine additive manufacturing someplace of their provide chain second are|are actually} half of} an ever-shrinking minority.

    返信削除