2015年7月24日金曜日

どのように仕事を増やせばいい? 投稿から1年

わたしのブログで現在一番アクセス数の多い投稿は、去年の7月に書いた『どのように仕事を増やせばいい?』です。

『仕事を増やす。』
フリーランスとして生活をするために一番大切なことですよね。いくらデザイン力があっても仕事がなければ意味がありません。
前の投稿から約1年が経ち、この1年で仕事は増えたのか減ったのか。増えているならどのような形で増やしているのか。を具体的に報告したいと思います。

まず、この1年で仕事は順調に増えつつあります。
でも、この1年で飛び込みで営業をかけることは一切していません。
では、どのようなかたちで仕事が増えているのかというと
前回の投稿では、学生時代の同級生、以前同じ会社で働いていた同僚や協力会社の方などたくさんの知り合いに声をかけて仕事をいただるようになったことを書いていますが、この1年はそこから人の輪が少しずつ広がり、仕事が増えつつある。という状況です。

ー 具体的には ー
『知人の会社で同僚を紹介してもらう。』 
当たり前ですが会社ではたくさんの人が仕事をしています。知人に同僚を紹介してもらうことはそんなに難しいことではなく、わたしの場合も「何かデザイン案件あったら頼んだってね。」と言いいながら紹介してくれました。
紹介してもらった方から仕事をもらえることは多々あります。
多分、デザイン実績やどういう人なのかを知人から聞くことで安心感を持つことができ、仕事を任せやすくなるからではないでしょうか。
逆の立場で考えると初めての人に仕事を頼む場合、全然面識がない人と知人の知り合いだったら、わたしも後者のほうを選ぶと思います。

仲良くなって仕事をくれるようになった方が残念ながら会社を辞めてしまうケースもあります。
悲しいことですが、そこから人の輪が広がることがあるかもしれません。
わたしの場合はそのような方が二人いてました。

一人は同業種の他社に転職された方です。
その方は「次の会社に行っても仕事をしてもらうことは可能ですか?」と声をかけてくれました。
わたしは「もちろんお手伝いできることがあったらぜひお声がけください!」と返事をして、今でも仕事をいただける関係が続いています。

もう一人の方は、会社を辞めて新たに起業した方です。
「何かお手伝いできることがございましたら、お声がけください。」とお伝えしていたところ、退社されて3ヶ月が過ぎた頃に連絡をくれて仕事をいただけました。

フリーランスとして仕事をしている場合、新しい会社から仕事をもらう関係をつくるのはかなりハードルが高いと思います。でも今回お話した二人のようなケースであれば、そのハードルをグッと下げれるのではないでしょうか。
だからこそ今お仕事をいただいている方との信頼関係をしっかり築き上げていくことが大切で、結果的にその信頼の輪を少しずつ広げていくことが仕事を増やすことに繋がるのだと思います。

仕事は、信頼関係で成り立っています。
「この人に任せれば大丈夫!」と思ってもらえる存在になりましょう!


↓この記事がはてなブックマークに追加されます。
押していただけるとうれしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ランキングに参加しています。
押していただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

コメントを投稿